診療案内

 

診療案内

耳の疾患

耳の疾患

耳の疾患では、中耳炎(急性・滲出性・慢性)、外耳炎・湿疹・外耳道真菌症(カビ)、耳垢、難聴、耳鳴症、耳管狭窄症、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、外耳道異物などに対応しています。

また、飛行機に乗ったあとに耳の調子が悪いときや、補聴器相談などもお気軽にご相談ください。

検査の流れは、まずは鼓膜をしっかり確認し、顕微鏡で拡大して耳の中を目で見られる状態にします。こういった基本処置をきちんと行うことを心がけています。

【当院で行う検査】

純音聴力検査、簡易聴力検査、チンパノメトリー、平衡機能検査(標準・頭位および頭位変換眼振検査)、中耳ファイバースコピー 、耳漏の細菌培養同定・真菌培養検査

 

鼻の疾患

鼻の疾患

鼻の疾患では、急性鼻炎(風邪)、急性・慢性副鼻腔炎(ちくのう症)、花粉症・アレルギー性鼻炎、鼻出血、湿疹、嗅覚障害、鼻腔異物、お子さまの鼻水の吸引などに対応しています。

嗅覚異常に関しては当院で対応できない場合、連携している病院をご紹介いたします。

鼻の検査では、どんな鼻水か、量はどうなのかといった基本的なことをまず確認します。その後、鼻の中を綺麗な状態に戻して、総合的に判断します。必要があれば内視鏡も使用します。
鼻の不快感は慣れやすく、不快な状態が当たり前になっていることも少なくありません。鼻を正常な状態に戻してあげることで「こんなに楽になるんですね」とおっしゃっていただく方がとても多いです。

【当院で行う検査】

指先微量採血による簡易アレルギー検査
嗅裂部・鼻咽腔・副鼻腔入口部ファイバースコピー 

喉の疾患

のどの疾患

のどの疾患では、咽頭炎(風邪)、喉頭炎、急性扁桃炎、咽頭異物、咽頭がん、喉頭がんなどに対応しています。

お子さまののどの疾患では、ヘルパンギーナ、手足口病、溶連菌、インフルエンザなどに対応いたします。

検査では、まずはのどをしっかり確認し、必要があれば鼻から内視鏡を入れてのどの状態を診ます。例えば、魚の骨がのどの深い位置に引っかかっている場合は、鼻から鉗子(かんし)付きの内視鏡を入れて取ります。

【当院で行う検査】

溶連菌迅速試験、インフルエンザウイルス抗原検査、喉頭ファイバースコピー